スキップ
大雨による商品配送への影響について
大雨による商品配送への影響について

BLOG

  • ブログ更新頻度が変わります
    EDITOR'S ROOM
    2020.07.08

    ブログ更新頻度が変わります

    いつもANTRYをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。 この度、当ブログの更新頻度を毎週水曜日から、不定期へと変更する運びとなりました。定期的にご覧いただいているお客様には心苦しく感じておりますが、記事内容の更なる充実に努めますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。 今後は、家具のお手入れ方法、製品ストーリー、生地の特徴など、知っていると便利で、いつでも読み返していただけるような情報を配信予定です。 新商品の紹介、コーディネート例、イベント情報は当店のインスタグラムをおすすめいたします。 実店舗の最新のお知らせはNEWSをご覧ください。 今後ともANTRYを変わらずご愛顧の程、何卒よろしくお願いいたします。

    read more
  • リネンカーテンと過ごす夏
    ARRIVAL NEWS
    2020.07.01

    リネンカーテンと過ごす夏

    燦々と照る太陽が眩しい夏が近づいてきました。冷房や冷感グッズでしっかりと体感温度を下げることはもちろん大切ですが、布団カバーやクッションカバーなど、お部屋で使う物を寒色系にしたり、ナチュラルな素材に変えるなど、視覚的な涼しさを感じることもまた、暑さを乗り切る助けとなります。 あまり頻繁に取り替えるイメージのないカーテンですが、空間を占める割合の多いメインの窓となれば、カーテンを変えるだけでお部屋の雰囲気は随分と変わります。薄い生地であれば、風に揺れる様子を見ているだけでも爽やかな気分になりそうですね。 ANTRYではリネンやコットン製のカーテンを主に取り扱っており、天然素材ならではの風合いが見た目にも美しく、柔らかく軽やかな日差しが感じられる透け感が特徴です。 今回は当オンラインストアで販売している2種のリネンカーテンをご紹介します。天然麻のカーテンで今年の夏を、爽やかに演出してみてはいかがでしょうか。 光を柔らかく通す、風合い豊かなリネンカーテン リネンは遮光や防炎など機能性はなく、お洗濯による縮みもありますが、昔から愛され続けている素材の1つです。肌触りがよく通気性もあるので、一年を通して快適にお使いいただけます。 麻素材特有のシャリ感がある、さらっとした肌触りが魅力のリネンレースカーテン。 カラーはホワイトのみですが、厚さの違うDタイプとNタイプからお選びいただけます。どちらも吹き抜ける風が心地よく感じられる透け感ですが、Nタイプの方がより薄手になっています。自然に近い光をお部屋にたっぷり取り込めます。 程よい厚みで、くたっとやわらかな風合いが魅力のリネン100%のドレープカーテン。 OM(オートミール)とNT(ナチュラル)の2色からお選びいただけます。OMの方がより「麻」のイメージに近い色味で、NTはそれよりも濃いめの色になっています。どちらも落ち着いたお部屋づくりにぴったりのカラーです。 リネンは丈夫な素材なので長く使用でき、使い込むうちに増していく風合いを楽しむことができます。人にも環境にも優しいリネンカーテンを通した自然の風と光で、季節の移ろいをお楽しみください。 実店舗では今回ご紹介したもの以外にも様々なカーテンを取り扱っております。厚みや透け感、またブラウンやグリーン、青系など、カラーも豊富なバリエーションをご用意しておりますので、よりシーンに合わせたカーテンをお選びいただけます。気になる方はぜひ、店頭に遊びに来てくださいね。 ※オンラインストア・実店舗共にカーテンのサンプル生地の発送やカタログなどのご用意はございません。実際に手に取ってご覧になられたい方は、店頭までお越しください。 カーテン・カーテンレール

    read more
  • 初夏の訪れを感じて
    EDITOR'S ROOM
    2020.06.24

    初夏の訪れを感じて

    いつもANTRYをご利用いただきまして、ありがとうございます。 移動自粛も全面解除され、やっと自由にお出かけができる!と思いきや、季節はすでに梅雨入り。雨が続いて気持ちも落ち込みがちに…。そんな時こそ、外へ出て季節を感じてみるのはいかがでしょうか。 雨がたくさん降ることで草木の緑はより鮮明になります。ANTRY和泉店の中庭も雨水滴る新緑が美しいです。 あじさいもまた、この時期だからこその麗しさです。 夏本番になる前に、マイナスイオン溢れる新緑トンネルをぜひお楽しみください。 上を見上げると気分もパッと明るくなるでしょう。足元は滑りやすくなっていますのでご注意くださいね。

    read more
  • 使うほどに手に馴染むチークのキッチングッズ
    ARRIVAL NEWS
    2020.06.17

    使うほどに手に馴染むチークのキッチングッズ

    最高級木材として知られるチーク材。強度が高く水分や腐食性に強いことから船の甲板やワイン樽などに使用されてきました。また耐用年数が長いため家具にも多く使われ「ヴィンテージ」として見かけることも多い木材です。美しい木目と、使い込むほどに手に馴染む質感が魅力のチークを使ったキッチングッズをご紹介します。食卓やキッチンでチーク独特の表情をお楽しみください。 まな板に、盛り付けに、多目的なカッティングボード 木製のカッティングボードは、まな板としても使用できますがパーティやおもてなしでの盛り付けやサービングに使えば、より一層テーブルが温かく華やかになります。端材を使用したもの、手彫りの模様の入ったもの、ANTRYおすすめのカッティングボードで素敵なテーブルメイキングを。 カッティングボードHand carving カッティングボード ラウンド・レクト 和洋問わず使えるシンプルなプレート リム(ふち)が放射線状に彫り込まれたプレート。チークの木目と色味に美しい模様が重なる上品な素材感です。サイズは3種類あり、お菓子やスイーツをのせたり、ワンプレートメニューの盛り付けに使用したり、それぞれ多様な使い方で食事を楽しむことができます。 リムプレート φ140・φ185 木の温もりを食卓に添えるトレー 木製品の持つ柔らかさや温もりを食事にプラスしてくれるトレー。ANTRYでは四角タイプと丸タイプの2種類ご用意しています。四角タイプはサイズが豊富でシーンに合わせて選んでいただけます。丸タイプはおやつやデザートの時間のお皿としても活躍してくれそうです。 チークトレー ラウンド / スタックトレー S・XL ケーキを彩るチークアイテム 凛とした佇まいで様々なディスプレイを楽しめるケーキスタンド。そのスタンドと共におやつ時間を楽しめるサーバーが新しく入荷しました。木肌の柔らかさを感じられる心地よい仕上がりで、先端は崩さず取り分けられるよう薄くカットされています。特別な日をさらに特別に演出してくれます。 ケーキスタンド / ケーキサーバー チークは非常に丈夫で長く愛用できる木材ですが、その魅力は耐久性や木目だけに留まりません。時間の経過と共に濃厚な飴色へと変化していく風合い、それもまた魅力です。小さなチークをお部屋に取り入れ、ナチュラルで優しい風合いを楽しんでみてはいかがでしょう。

    read more
  • お部屋のまとめ役!アイアン製収納用品
    EDITOR'S ROOM
    2020.06.10

    お部屋のまとめ役!アイアン製収納用品

    6月に入り、だんだん蒸し暑くなると共に梅雨も近づいてきました。傘の出番が増えるこの時期、サッと持てるよう玄関に置いておくことも多いのではないでしょうか。人を迎え、送り出す、お家の顔である玄関はスッキリとさせておきたいですよね。 今回はどんな空間にも馴染みやすく、実用性も兼ね揃えた万能なブラックアイアン製の収納用品を2点ご紹介します。 ヴィンテージに育て上げる傘立て アイアン製のシンプルな傘立て。マットな質感を活かした洗練されたルックスで、雰囲気を崩さずしっくりと馴染んでくれます。 旅先のアメリカで出会ったヴィンテージの傘立てがモデルとなっています。それは塗装も剥がれ、錆も浮いていましたが、年月を感じさせるその姿には独特の魅力がありました。 変わらないものも美しいですが、時と共に変わりゆく姿もまた美しい。表面は錆止めの塗料をあえて完全には吹き付けず、濡れて古さが増すごとに生まれる経年変化を楽しんでいただけるように仕上げています。 置く場所を選ばないコーナーシェルフ アイアンの素材感を活かしたシンプルなIRON コーナーシェルフ 3STEP。重厚なイメージのあるアイアンですが、程よい隙間を作ることで圧迫感をなくし、置いたアイテムや空間を引き立てます。 通気性の良いデザインとなっているので、梅雨の時期に濡れた靴を乾かしたりするのにも良さそうです。3段タイプで場所をとらないので、家族分の靴を干したり、濡れてしまったバッグを置いたりと色々な使い方ができます。 どんなスタイルとも合うアイアン 加工のしやすさやその頑丈さから様々なインテリアに利用されるアイアン。ブラック塗装の物はその質感と色味でお部屋をグッと引き締めてくれるまとめ役です。木の家具とも相性がよく、ナチュラル系、カフェ風やヴィンテージライクなど、様々な場面で活躍します。合わせる空間によって表情を変えるアイアンは、力強く、しかし主張はしすぎない、お部屋づくりの頼れる相棒です。 気軽に取り入れられるアイアン製の収納アイテムはまだまだ他にも取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてください。 収納用品・バスケット

    read more
  • 新入荷 おすすめバスケット
    ARRIVAL NEWS
    2020.06.03

    新入荷 おすすめバスケット

    いくつあっても便利で、ついつい集めたくなってしまうバスケット。小さく浅い物であれば小物入れに、深く奥行きのあるものならカラーボックスの簡易な引き出しとして…「ここにちょっと収納が欲しい」を叶えてくれる素敵なアイテムです。さりげなく置いてあるだけでもインテリアになるバスケットは、見せる収納の必需品とも言えます。 高度な手編み技術で生まれたイララバスケット ザンビア南部のトンガ族の女性により1つ1つ丁寧に編まれたバスケット。トンガ族の伝統的なモチーフが編み込まれた独特の模様が特徴です。 壁に飾ったり、棚やテーブルに置いているだけでも絵になります。 今回は深めのボウルタイプの「イララ ボウルかご」も入荷しています。イララについては「NEW! イララバスケットを入荷しました」でも詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。 アフリカの自然を感じる素朴なサークルトレイバスケット 西アフリカ・マリ共和国の村で作られたバスケット。イララと同じく1つ1つが手作業で編まれています。ストローと呼ばれる水草の素朴な風合いと温もりを感じることのできる逸品です。 かっちりとした固さと安定感があるので、コップや軽食を入れてトレー代わりとしても使用できます。台所まわりにはもちろん、文具や裁縫道具などを入れて、デスクまわりでも活躍しそうです。 玄関、キッチン、リビング、ベッドルームなど様々なシーンに自然と馴染むバスケット。インテリアに天然素材があることでお部屋の雰囲気は温かく、優しい印象になります。素材やデザインも様々ですので、お気に入りのバスケットを選んで暮らしに取り入れて、お楽しみください。 関連リンク:NEW! イララバスケットを入荷しました イララバスケット サークルトレイ

    read more
  • VINTAGE ERCOL | お手入れについて
    STORY
    2020.05.27

    VINTAGE ERCOL | お手入れについて

    今回はヴィンテージ家具のお手入れ方法をご紹介します。 お肌のお手入れをしたり、身体をいたわるように、家具も定期的なケアを行うことで、気持ちよく、末永くお使いいただけます。 ふだんのお手入れ方法 ふだんのお手入れは、はたきやブラシでホコリを払ったり、乾拭きするだけで十分です。気になる汚れがある場合は、固く絞った布で優しく水拭きしてから乾拭きを。ほんの少しの水気は木に潤いを与えます。シミの原因になるような水分は残さないようにしましょう。 傷の原因になる掃除機の使用、布でゴシゴシ強くこする行為、色落ちやシミの原因になるアルコール消毒などは避けましょう。また、濡れた布や洗濯物を置いたままにしないことも大切です。 定期メンテナンスについて ヴィンテージ家具の木部も、日々呼吸する生きた素材です。ふだんのお手入れと合わせて家具用のワックスやオイルで定期メンテナンスを行うことで、乾燥による割れや反りを防いで丈夫さを保ち、美しい経年変化を楽しむことができます。 家具の置かれた環境(日当たりや冷暖房など)、使用頻度や仕上がり状態の好みにもよりますが、半年に一度のペースでメンテナンスされることをおすすめします。 ウレタン塗装済みの家具には適していませんので、お手入れをしたい家具の木部仕上げを事前にご確認ください。オイルフィニッシュ仕上げでしたら、ヴィンテージ以外の家具でも同じ方法でメンテナンスしていただけます。 当店ではOld Villageレモンオイルと蜜蝋ワックスを使用しています。こちらは店舗とオンラインストアでもお取り扱いしています。 使い方は「オイルフィニッシュ家具のお手入れ」をご覧ください。 メンテナンスにかける時間はヴィンテージ家具を持つ醍醐味の1つです。自分の手で美しいツヤをよみがえらせた家具への愛情はさらに深まり、心を豊かにしてくれるでしょう。 ワックスやオイルでできる便利な小技 家具用のオイルやワックスは、定期メンテナンスだけではなく、小さく軽い傷や汚れがついてしまった時の応急処置にもなります。 ウエス(使い古した柔らかい布、タオルやキッチンペーパーでもOK)にオイルを軽く含ませ、傷の部分に塗布すると、上図のように目立たなくなります。こちらは傷の補修ではありませんので、傷の種類によっては乾燥すると再び浮き出ることがあります。 傷や汚れもまた、ヴィンテージ家具の風合いとも言えます。使えば使うほど、味わい深く変化するので、あまり神経質にはならず、表情豊かに変化する家具をお楽しみください。 育み、愛でる、ヴィンテージ家具 ERCOLの魅力を4回に分けてご紹介しました。これをきっかけにヴィンテージに対するハードルがなくなり、皆さんのおうちに迎え入れられるきっかけになれば、とても嬉しいです。 ヴィンテージ家具はこまめなメンテナンスを行うことで、その味わいを育むことができます。美しさを育み、様々な思いをはせながらヴィンテージ家具を愛でる、これも楽しみ方の1つだと思います。 そして、お手入れがされている家具からは持ち主の丁寧さや、家具に対する思い、過去の持ち主たちのストーリーが伝わります。 皆さまのERCOLとの良き出会い、そしてすてきな空間づくりにお役立ていただければ幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 関連リンク:オイルフィニッシュ家具のお手入れ レモンオイルと蜜蝋ワックスは実店舗・オンラインストアにて販売しています。 蜜蝋ワックス / レモンオイル

    read more
  • 一脚からはじめるVINTAGE
    STORY
    2020.05.20

    一脚からはじめるVINTAGE

    VINTAGE ERCOLの特集は今回で3回目となりました。ERCOLチェアの奥深い世界を感じていただけたでしょうか? チェアとしての座り心地はもちろんですが、滑らかで温かみのある木肌、研ぎ澄まされたなかにも素朴さが残るデザインが素晴らしいERCOLチェア。どんなスタイルのインテリアにも溶け込むシルエットも特徴です。今回はそんな魅力いっぱいのチェアを使ったコーディネート例をご紹介します。 はじめておうちに招くヴィンテージ家具はあなたの大切な思い出となり、その日のことを一生忘れることはありません。素敵な思い出づくりのお手伝いができますよう願いを込めて...。 いつもの暮らしに一脚のエッセンスを 窓辺、廊下、玄関など、ただそこに置いておくだけでも絵になります。お気に入りの雑貨やアート作品と並べて、お部屋にギャラリーコーナーを作っても素敵です。軽量なので移動も簡単。その時の気分や用途に応じて、おうちの様々な場所で活躍してくれます。 キッチンで一息つくときにも便利。また、お買い物帰りにひとまず荷物を置くなど、置きっぱなしになりやすいバッグや荷物の一時置き場としても。 植物との相性も抜群。年月を経た素材感・風合いのヴインテージと、生き生きと育つグリーンとは引き立てあいます。もちろんドライフラワーとも好相性。 ベッドの脇でナイトテーブルのようにもお使いいただけます。時計やライト、読みかけの本を置いて。 お気に入りの一脚が、二脚、三脚にと、お好きなデザインを少しずつ買い揃えていくのも楽しいですよ。デザインや色味が違っても、なぜか統一感があって合わせやすいのもERCOLチェアの魅力です。 今回ご紹介したコーディネートはほんの一部。例えばこんなシチュエーションでも活躍します。 ダイニングルームの窓際などで、普段はグリーンや本をディスプレイしてインテリアの一部に。突然の来客でもサッとダイニングテーブルへ移動し、チェアとして対応できます。 お勉強やお仕事にもおすすめ。イギリスの教育現場での使用を認可された「スタッキングチェア」はもちろんのこと、ERCOLチェアは長時間の座り心地も考慮して作られていますので、デスクチェアとしてもお使いいただけます。 どこに置いても、どのように使っても便利で美しいERCOLチェア。ヴィンテージ初心者さんも、難しそうとお悩みの方も、まずはお気に入りの一脚を見つけてインテリアの変化を楽しんでみましょう。 ERCOL VINTAGE

    read more
  • ERCOL ウィンザーチェアガイド
    STORY
    2020.05.13

    ERCOL ウィンザーチェアガイド

    前回はERCOL社の歴史、そしてヴィンテージの魅力、特に人気のウィンザーチェアについてお話ししました。 時代と流行を超え、洗練されたデザインと耐久性から、世界中の人を今もなお魅了し続けるERCOL。そんなERCOLに憧れている方の最初の一歩を応援し、今回はERCOLの代名詞にもなったウィンザーチェアをベースにデザインされたチェアの中からSCOUT VINTAGEにて取り扱いのある6点をご紹介します。 チェア紹介の後には、知ってると役立つ豆知識のご案内も!ぜひ最後までお楽しみください。 【目次】 バリエーション豊富な定番アイテム「フープバック チェア」 伝統のウィンザーチェアにひと工夫のモダンデザイン「クロスバック チェア」 スタンダードなデザインながら後ろ姿が個性的「スティックバック チェア」 人気ナンバーワン・高度な曲木技術の集大成「クエーカー チェア」 王冠がモチーフの風格あるウィンザーチェアの象徴「ゴールドスミス チェア」 耐久性・機能性・厳格な試験をクリアした名作チェア「スタッキング チェア」 知ってるとチェア探しがもっと楽しく・もっと特別になる豆知識 製造年代の目安・シール 品質保証と奇跡の証・刻印 おわりに 初心者さんにおすすめ・バリエーション豊富な定番アイテム 伝統のウィンザーチェアにひと工夫のモダンデザイン スタンダードなデザインながら後ろ姿が個性的 人気ナンバーワン・高度な曲木技術の集大成 王冠がモチーフの風格あるウィンザーチェアの象徴 耐久性・機能性・厳格な試験をクリアした名作チェア 知ってるとチェア探しがもっと楽しく・もっと特別になる豆知識 ERCOLのヴィンテージ家具にはその製品の年代を知る手がかりがあります。 まず1つ目は側面や裏面に貼られているシールです。色、デザインから製造年代を知ることができます。新しい物には金属製のタグが埋め込まれているのですが、ヴィンテージ家具は紙のシールなので取れやすいため、シールが残っているものは貴重と言われています。 上図は当店のERCOLチェアのコレクションで見かけたシールですが、他にも色違いやデザイン違いなど様々なシールがあり、シールをお目当てにERCOLを集める方もおられます。 そしてもう1つの手がかりは、座面裏にある刻印です。当店で確認したものでは「British Standards」(ブリティッシュスタンダード)と「Utility Furniture CC 41」(ユーティリティファニチャー CC41)があります。 British Standardsは、サービスの品質と安全性を保証する認証マークです。刻印中央のハートのようなロゴはその頭文字から「BSロゴ」と呼ばれたり、凧のようなデザインから「Kitemark™(カイトマーク)」と呼ばれることも。 「B.S.1960」は1960年に製造された製品でBritish...

    read more
  • ERCOLの歴史・VINTAGEの魅力
    STORY
    2020.05.06

    ERCOLの歴史・VINTAGEの魅力

    ヴィンテージ家具と聞くとどんなイメージがありますか? 「スタイリングが難しい」 「日本家屋に合わない」 「お手入れが大変」 などなど、ハードルが高く感じる方も多いようです。当店は様々なインテリアに合わせやすいスタイルのヴィンテージ家具を取り揃え、お客様にご提案しています。 特に、ERCOLのヴィンテージ家具はヴィンテージ初心者の方からコレクターの方まで、幅広いお客様の層にとても人気です。 先月オープンしたSCOUT VINTAGEでも取り扱っていますので、今回はERCOLの魅力についてお話します。 創業100年の英国老舗家具店ERCOL ERCOL(アーコール)はルシアン・アーコラーニ氏によって1920年に創業されたイギリスを代表する家具メーカーです。創業当時32歳だったルシアンはビジネスマンとして事業展開をする傍ら、デザイナー、職人としても会社を支えていました。 デザイナーとしてモダンデザインを常に追求し続け、家具職人としては英国の伝統的な曲木の椅子「ウィンザーチェア」の大量生産の成功など、ルシアンの功績は多大です。 2020年の今年はERCOL創業100周年。現在もイギリスの老舗家具メーカーとしてルシアンの家族によって経営は続けられています。イギリス国内の工場で熟練した職人によって丁寧に加工・組立がされています。「快適性・機能性・デザイン性」を兼ね備えた完璧なバランス、それがERCOLの家具の魅力です。 ERCOLの美しいプロダクトは、新品もヴィンテージも、時代や流行を超え人々に愛され続けています。では、新品とヴィンテージのERCOLの違いは何でしょうか。 ヴィンテージ家具の醍醐味 その最大の違いは材質です。ヴィンテージのERCOLはイングリッシュエルム材を中心に使われていましたが、新品ではイングリッシュエルム材は存在しません。 イギリス産のエルムの木「イングリッシュエルム」は、1970年代に蔓延した木の病により壊滅してしまいました。現在は北米が主な産地となっているため、イングリッシュエルム材の家具は非常に希少価値があり、入手困難になってしまいました。 新品はオークやアッシュなどの木材そのままの状態なので清潔感があり白っぽく、どことなくマットな質感です。それとは逆に、ヴィンテージは日焼けや、人の手やメンテナンス時の油脂が染み込み、ツヤのある深い色合いに変化します。年季が入ることで味わいや温かみが増すのです。年代によってその味わい具合も実に様々。その中から自分だけの特別な逸品を探し求め、出会うことがヴィンテージ家具を選ぶ醍醐味だと思います。 ウィンザーチェアの魅力 ERCOLのヴィンテージ家具の中でも特に人気があるのが「ウィンザーチェア」です。新品は現在5タイプが製造されていますが、ヴィンテージは11タイプ。半数以上が廃盤になりました。その11タイプの中でも製造年代によってデザインや特徴に違いがあるなどERCOLのウィンザーチェアは細かく分類され、新品ではもちろんのこと、ヴィンテージでもなかなかお目にかかれないチェアもあり、ERCOLのウィンザーチェアを選ぶということは、まるで宝探しのようでもあります。 ウィンザーチェアの代名詞にもなったERCOLチェアの名品の数々は、その種類と個性の多様性から、世界中で人気があります。 ウィンザーチェアとは頑丈な脚部、座枠がなく、座りやすいザグリ加工の座面に細いスポーク(背もたれ)を直接差し込んでいるのが特徴の、木製肘掛け椅子です。17世紀後半、イギリスの職人たちが製作を始め、18世紀にアメリカへ伝わります。シェーカーチェアの原形となり庶民の生活に普及しました。 ERCOLが時代を越えて愛され続ける理由、そしてヴィンテージERCOLの魅力はお分かりいただけたでしょうか。 次回は当店とSCOUT VINTAGEでも取り扱いのあるERCOLのウィンザーチェアをタイプ別にご紹介します。実は初心者さんや、初めてのヴィンテージ家具としておすすめです!知っているとちょっと便利な豆知識も一緒にご紹介。どうぞお楽しみに。

    read more
  • VINTAGE ERCOL
    STORY
    2020.04.29

    VINTAGE ERCOL

    いつもANTRYをご利用いただきまして、ありがとうございます。 「ヴィンテージと寄り添う暮らし」がコンセプトの当店は、新たにヴィンテージ家具専門のオンラインストアSCOUT VINTAGE(スカウト ヴィンテージ)を4月20日にオープンいたしました。 ヴィンテージ家具というと難しいイメージがあるかもしれません。でもインテリアに少しでも興味があれば、あなたにとって特別な存在になるはずです。 「ヴィンテージ家具」とひとことに言っても時代や国によってその意匠や様式は様々です。当店、そしてSCOUT VINTAGEでは1960~1970年代のイギリス、ERCOL社とG-PLAN社のヴィンテージ家具を数多く取り揃えています。とりわけどんなスタイルでも、どこに置いても違和感なくインテリアに馴染むERCOLは、当店が10年以上取り扱う定番の人気商品です。 人気のERCOLのヴィンテージ家具を、5月のブログでご紹介していきます。ERCOLの現行品とヴィンテージの違い、ヴィンテージを楽しむポイント、思わず誰かに話したくなる豆知識など、SCOUT VINTAGEでのお買い物がさらに楽しくなる内容です。どうぞお楽しみに! SCOUT VINTAGE

    read more